丸谷秀人のブログ

エロゲシナリオライター丸谷秀人の棲息地。お仕事募集中

神聖なる儀式だったりしたらいやだなぁ。

 人間ピラミッドというのがあるそうである。見たことはない。

 運動会などでよくおこなわれているらしい。

 名称からすると、上半身裸になった生徒達が巨大な縄に群がり、縄で繋がれたそりに積まれた巨大な石を引っ張って校庭を一周するのであろう。ピラミッドというからには、石は一個ではなく、複数の石を何段も積み上げるのだろう。一周回って終点につく度に積み上げていくのだろう。

 運動会でやるにはハードな競技であることよ。片付けも大変そうだし。

 くわばらくわばら。

 様々な方面から危険性が指摘されている、と聞いたので、そりから落ちた巨石の下敷きになったりしたらそりゃ危ないと納得と思っていたらどうも違うらしい。

 そりゃそうだ。上半身裸ではいろいろまずいだろう。特に女の子は。

 ではなく。

 聞いたり読んだりしたところによれば、四つん這になった子供達が何段も重なってピラミッド状になることらしい。当然体操服着用である。その際、かなりの体重が下の段の子供にかかるらしいし上に、バランスも崩れやすいらしく、トランプの城の如くぺちゃんこになると、骨折したりする子も多数でるとのこと。

 各自治体で中止とか段数を低くするなどの対策が進行中だという。

 

 でも、いまだ頑としてピラミッドを続けている学校も多くそれどころか段数を上げているところさえあるらしい。なぜそこまでして彼らは続けるのだろう? 私なら面倒そうなものはさっさとやめるところだし、私でなくても面倒そうなものはとりあえずやめておくのが最近のブームだと思っていたのだけど。

 

「なんとか今年も出来ましたな校長。段数も一段とはいえあげられましたしね」

「うむ。練習中重傷者が出た時はダメかと思ったが、山田先生が熱弁を振るい周囲を引っ張り、なんとかしてくれた」

「生徒達に一体感や達成感を味あわせるには、人間ピラミッドは最高。負傷した坂口のためにも成功させなきゃならん、でしたか」

「なかなかよかったよあれは。なんせ彼の情熱と言葉には真実があった」

「あくまで山田先生が信じている真実でにすぎませんがね……本当のことを知ったら彼はどう思いますかね?」

「知らないのが幸せなこともあるのだよ教頭」

「同感ですね。あれが『おでーぼろさま』に捧げる儀式などと知ったら……」

「あの手の人間は知っても信じんよ。ある意味、しあわせな人種さ」

「それにしてもひどい神だ。人間に危険を冒させることで、その信心を測るとは」

「そういうがね教頭。神というのは意地が悪いものなのだよ。聖書を知ってるかね? 信心深い男に、自分の子供を生け贄に捧げよと命じた話を」

「捧げたのですか?」

「捧げようとしたところで止められたのだったかな? おそらく肝心なのは、彼は苦悩したが本気で捧げようとしたことなのだろう。我々が子供達が負傷する可能性を知りつつ、今年も儀式を強行したようにな。行う学校が減った分だけ、段数も増やさざるを得なかったが、そのことも『おでーぼろさま』には汲み取って欲しい物だ」

「校長。もし、全ての学校が人間ピラミッドをやめたら、なにが起こるんでしょうね」

「さぁな……私も恐ろしいことが起こるということを前の校長から引き継いだだけだからな。起こってみないことにはわからんよ。だが、君は体験したいかな?」

「賭をするには相手が危なすぎですな。相手が神ではね」

 

 みたいな会話が行事終了後行われていたのではないだろうか。

 あれは御柱とか同じ宗教儀式なのではないだろうか。なんせピラミッドだし。

 秘密の宗教儀式だとすれば、人間ピラミッドが全国で中止される日が来たとしても、その時には別の危険な儀式が行われるようになるのだろう。

 

 本当に子供でなくてよかった。

 

美の饗宴 座布団に命をふきこむ 名匠 田崎真之介

 天気がよくなったので、冬のあいだ使っていた座布団を干すことにした。

 座布団といってもサザエさんに出てくるような渋いのではなくて、ホームセンターで買った低反発の奴である。値段は千円もしないが具合がいいので愛用している。でも、こういうのって値段が高い座布団と低い座布団でそんなに差があるのだろうか。1万円の座布団は一万円の座り心地がするんだろうか。1万円のヤツは座っただけで思わず「はふぅ……」とため息をもらしてしまうくらい絶妙にして甘美な座り心地なんだろうか、それはきっと座ったのに全く重さも暑さも感じさせず夏は涼しく冬はあたたかく甘い雲にでも包まれているようにそっと抱きしめてくれるのだろうか、そしていつまでも立ち去りがたく座り続けていたい座る以外なにもしたくない、ああ座布団お前はなんて素晴らしいんだ、と餓死するまで座ってしまうほどの見事さなのだろうか。一万円でそこまで期待するのは流石にアレなので、100万くらいならそんな座布団も手に入るのだろうか、当然、一個一個職人が手作りするような一品もので見る人が見れば「こ、これは名匠 戸武座新左衛門の作ではないですか! こんな素晴らしいものの座り心地を味わえるとは……」セリフを言わせるんだろうか。スゴイ凄すぎる! いやいやそこまで言ったら100万でも怪しいものである。数百万いや超絶名人田崎真之介の作品ともなれば1000万はするんじゃないだろうか。しかも名人田崎が関西財界の大立て者矢島虎吉の特注を受け息子が交通事故で病院に運び込まれたと知らされても顔色ひとつ変えず黙々と作り続けそんなに金が欲しいんかという悪罵にも我関せずで完成させそれに座った矢島が「ああ、すごい座布団や……哀しみも喜びもふんわりと抱き留めてくれはる……まるでわての亡くなったおかんのような……」とつぶやいたとい名品「おかん」となれば、その値段は億をくだらぬであろう。

 座布団すごい。座布団界すごい。座布団界深い。

 だが最近は、その枕界にも変革の波が押し寄せ、あの有名なgoogleも座布団の研究を始め、内部に超小型の電子回路を組み込み、座った人間の状態に合わせて微妙に変形し柔らかさまで変えるテクノロジーの塊とも言える座布団を開発しているという、そうなれば名匠の作った座布団なみのクオリティのものを安価に提供出来るという、発売予定は2019年。そうなればオリンピックの観戦者のうちで、MY ZABUTONをもってくる人間も多かろう。この東京の地で東西の座布団が激突する日も近い。

 そんな頂上決戦とは関係なく、私の座布団は色は白だが冬じゅう使い倒していたせいで汗や汚れですこし薄汚れている。そこでカバーは洗濯し、中とは別に干すことにした。カバーを外すのは初めてである。ワクワクした。というのはうそで、そんなことにいちいちワクワクできるならもっと人生は楽しいだろう。1個目のカバーを外すと、中はちょっとだけ弾力が違うふたつのスポンジが重なってできたものだった。この微妙な差が低反発を生むのだろう。どうみても匠の一品ではない。あたりまえである。でも、なにかの手違いで混じったりするかもしれないではないですか。しねーよ。

 2個目のカバーを外した。

 私は思わず目をぱちくりした。

 

 中身に毛が生えている!

 

 買った時期には2週間ほどの差はあるが両方とも同じホームセンターで買ったものである。だが、最初の1個目にはこんなものはなかった。

 スポンジ部分一面にひょろひょろとした毛が生えているのだ。

 微妙なちじれぐあいからして普通の糸とは思えない、かといって顕著にちじれているわけでもないので、あやしい部分の人毛でもなさそうである。わたしのか? と当然思ったが、もしわたしのであれば、座布団両方ともこうなっているはずである。では、工場で作られた段階で毛が生えていたのだろうか? いったいなんのために!? だが、なにか意図をもって生やしているのだったら、両方ともに生えているはずである。工場が違ったのか、工員さんに毛深い人がいて人毛をまきちらしながら作業をしていたのだろうか。彼または彼女の人毛は世界中に拡散しているのだろうか。この毛から遺伝子を採取してクローン培養すれば、体毛の濃いその人が現れるのだろうか。それとも、これはなにかの試作品で、毛があることによってなにかの効果を狙ったのだろうか、それがたまたまわたしの手元へ来てしまったのだろうか……。謎は深まるばかりである。

 ナチスがユダヤ人の毛をソファの中身に使っていたのと思い出してしまった。

 なんとなく気色悪いので毛抜きで毛を抜きだしたのだが、いくらやっても終わらない。一面に生えていて量があるんである。

 

 いいや、座布団は座布団だし。

 

 わたしは毛抜きも考えるのもやめて座布団を干すことにした。

 生えてるにしろ生えていないにしろ一冬、なにごともなく座布団だったのだから、なんの問題があろうか?

 

 そして現在、暑さのため使われていない座布団は、なにごともない顔をして部屋の隅にしまわれている。どちらかはカバーの下に、もじゃもじゃの人毛を隠して。

 でも冬には忘れているだろう。

 

 

 

 

知ったこと失ったことその他のこと

 さて、右耳が詰まってしまった事態に対応するべく耳鼻科へ行ったのが問題は解決せず薬を手に入れたところまでが前回。

 唐突だが、わたしは説明書を読むのが大好きだ。軽度の活字中毒なのでチラシまでなめるように読む。ゲームをする前についている解説を読むのは当然であるし、電気製品でも同様である、文房具等の注意書きも読まずにはいられない。そんな人間なので薬の説明書もなめるように読む。

 『耳浴』という単語を始めて知った。

 薬を耳へと染みこませるために必要な手順で、耳の中へ指定された量の液体をたらし込んだのち、そのままの姿勢で10分ばかりじっとしていることなのだ。

 なおこの時、注意するべき子とは2つ、①容器を耳に触れさせてはならない。②耳の後ろのへりを引っ張り、耳の穴をなるべく垂直にする。

 手に入れた薬で5日間に渡って日に2回5滴ずつ右耳へ垂らせというのが熊がわたしに課したミッションであった。まぁ簡単でお茶の子さいさいである。だって、耳の穴の中へ薬を垂らして10分ばかりごろごろしてるだけだ。

 

 と思ったのだが、いつもと同様わたしの考えは甘かった。スイートな人間なのだ。いくら経験を重ねても成長しないバカなのだ。

 右耳の中へ液体を垂らす、というのが結構な難事だった。右耳へ上にして横たわり右手でスポイト状の容器をもっている姿勢を想像して欲しい。スポイトの先端がどこにあるかを見ることは出来ない。どうやって先端を右耳の穴へと誘導するべきか?

 やってみて判ったのだが耳の穴というのは結構小さい。ただ漠然と右耳のあたりへスポイトの先端をかざして垂らすと、液体は穴へと入らず外側のうねうねした部分へ降り注ぐ確率が高い。強引に左手を回してスポイトの先端に指を添え穴へと誘導してやることも考えたが、おそらくスポイトの先端が肌に触れるのは衛生上の観点だかでダメなのだろう。となるとそれも難しい。

 ええいままよ。

 耳の穴のあたりへ何発か落とせば、きっと半分くらいは落ちるだろう!

 何回か無駄な落下を費やしたのち、わたしはコンビニで貰って使わずにとっておいたストローを取り出し、その先端を5㎝ばかりカット、切り落とした部分にスポイトの先端をはめ、耳の穴にストローを突っ込むという方法を採用した。

 耳の穴にらくらくと液体が入っていく感触を味わった瞬間。わたしの中に感動が広がっていった。

 見たかこれぞ工夫。これなら耳の穴へ直接触れずして液体を投下出来る。人類の叡智である。ストローは使ったら捨てればいいので衛生的にもばっちりである。まさに必要は発明の母。プラスチックと大量生産と薬学の合体が誰の力も借りず耳の穴に液をたらし込むという偉業へと導いたのだ。うははははは。

 

 と書いていて気付いたのだが、鏡使えばよかっただけじゃね?

 うんそうだね。

 ばかだねこのひと。

 うん。ばかだね。

 あはははは。

 

 まぁそんなこんなで、液体をたらしつづけて5日間2回ずつ系10回の完璧な耳浴を重ねて予約日当日がやってきた! 熊が事前に告げてくれた通り、右耳の穴の中で何かがぶっくりと膨れあがり右からの音は聞こえない。海鳴りか心臓の鼓動か、寄せては返すなにかの音が響き続けるのみ。

 わたしは待合室で、しばしのあいだ目をつぶり左耳を塞ぎ最後の沈黙の世界を楽しんだ。塞ぐ前に響いていた子どもの悲鳴も聞こえない。なんだかなごり惜しい静寂である。ああ静寂よ。深海底にも等しいなつかしき静寂よ。

 不意に、耳を塞いでいた左手をつかまれ、耳をつんざく子どもの悲鳴。

 なにごとかと顔をあげると、受付の女の人が汚物でも見るような目でわたしを見下ろしていた。いや単に不機嫌だったのかも知れない。そりゃそうだろう。目をつぶり耳を塞ぎ静寂で遊んでいては呼び出しの声も聞こえないからなぁ。

 彼女はわたしの名前を呼び、順番です、と告げた。

 

 熊は人喰い熊めいたどう猛な笑顔を浮かべ大きな毛むくじゃらの手でわたしの頭をぐいっと掴むと左へ向かせ右耳を覗き込んだ。ほほう、ちゃんと溶けているようじゃないですか! 結構さぼるひと多いんですよね、固いまんまだと今度はドリルでも使わないといけなくなっちゃいますよ! ドリルだとたまーに鼓膜とか突き破って、もっと運が悪いと頭蓋骨までやっちゃったりするんですよね! はっはっはっは。

 あいかわらず怖い。

 冗談なんだろう、うん、冗談だろう。だって熊はわざわざそんなことをせず、あの恐ろしい口で人間を食べるものだから。熊じゃないけど。

 

 先日も使われた装置が右耳へ突っ込まれ、じゅぼぼぼぼぼぼぼずじゅるるるるる、と何か濡れたどろどろしたものが吸い込まれてゆく音が響き渡る。お、すごいすごいこんなに吸い出してもまだ鼓膜が見えない! これだけためこむとはすごいよ! お、おおおおお! 耳垢の量に感嘆されてもうれしくない。

 いきなり、じゅぼじゅじゅぼぼぼこっ、という轟音がしたと思うと、なにもかもがクリアになった。こまくみえたよー。おわりだね。

 

 あっけな。

 

 うーんごめんね。すごい量だったけど、全部どろどろに溶けてたからこの前みたいに見せて上げられないんだ。いや、別に見たくないです、とも言えず、はぁ、と口の中でつぶやいたが、言われてみればチョット見てみたかったかもしれない。先日見た小指の先程の物体より更に大きな耳垢なんて見る機会はこの先なかろうから。まぁ、あくまでチョットだけで、どうして見せてくれないんですか! と泣いてすがるほどのことじゃないけど。

 

 熊の説明によると、わたしの耳垢は日本人としては少数派の湿った耳垢で、たまりやすいのだそうだ。耳かきや綿棒で耳掃除をしても取れる量より耳の穴の壁押しつけられくっついてしまうほうが多いそうで、ちゃんと取ろうとするならこうして耳鼻科に通う以外方法はないらしい。熊とのつきあいはこれからも続いてしまうようだ。

 

 外へ出ると、洪水だった。

 音の洪水。

 車の音、人の声、息づかい、世界は音の洪水だった。

 

 わたしは立ち止まって両耳を塞いでみたが、あの静寂はどこにもなかった。

 

 

 

なにが子どもを泣かすのかを私は知ってしまった。

 生まれて初めて耳鼻科へ行った。

 もしかしたら、親につれられて行ったことがあるかもしれないが覚えていない。

 少なくとも生まれて初めて自腹を切って耳鼻科へ行った。

 

「ぎゃぁぁぁあいやぁぁぁぁぁ」

 

 朝イチの予約時間通りに行った途端、出迎えは悲鳴。診察室の向こうから響いている。が、既に四人ばかりいた人びとは動揺の気配すらない。

 立ち尽くす私を受付の人は、どうぞ、とうながし、淡々と事務的に処理。お掛けになってお待ち下さい。その間にも響き渡る悲鳴。どうして誰もが平然としているのか。隣でいたいけな子どもが虐待されてるかもしれんと言うのに……。

 

 もしかして……いつものことなのかっ!?

 

 しばらくして悲鳴が途絶えると、母親らしき女性にをひかれた男の子が現れた。

 顔は涙でぐしょぐしょであるし親は疲れた顔をしていたが、受付の人は特に気をつかうわけでもなく、淡々と会計を済ませ処方箋を渡し、まだぐしぐしと泣いている男の子を引きずるようにして女性は出て行った。

 万事にゆきわたる慣れた様子、やはりいつものことなのだ。

 

 そうこうしているうちに、私の順番がやってきた。

 泣いていたのは子ども、大人である私は泣くはずがないなんて、とその時は思っていました。

 

 診察室によくあるタイプの椅子に座った医師は口の周りに髭をはやした中年男性った。私が待合室で書いた問診票を見ながら、どういう症状ですかと問うてくる声も穏やかで、男の子から悲鳴と涙をしぼりだした恐怖の要素はどこにもない。子どもはすぐに泣くものだし、たまたまだったのだろう、と考えたいところだが、周囲の慣れた態度が気になる。

 などと考えていると、どういう症状ですか、ともう一度訊かれたので、右耳がつまったらしくて聞こえが悪くなった、と答える。

 手慣れた様子で医師は右耳を診察してくれる。日がな一日人の耳穴を覗き込む人生とはどういうものなのだろう。それは日がな一日女性のアソコを覗く産婦人科医と似ているのか、それとも、人の歯並びを覗きに覗く歯医者の方に似ているのか、どうなんでしょうその辺?

 などとらちもない考えにふけっていると、くいっと首を反対方向へ向けられ、左耳まで調べてくれる。左の方はなんの問題もなく聞こえるので、念の為というやつだろう。

 

 「左はなんとか鼓膜が見えますが、右は全く見えませんね」

 「は?」

 

 なんですと?

 と虚を突かれて自失してしまった私に、医者は親切にもくりかえしてくれた。左はなんとか鼓膜が見えますが以下同文。でも、左は聞こえるんですよ。と予想外の事態を把握していない私に、左はなんとか鼓膜が以下同文と苛立つ様子もなくくりかえしてくれた。あんたいい人や!

 

 いきなり医者は立ち上がった。

 で、でかい!

 医者というよりはアメフト選手のほうが似合うガッチリとした体型。

 みっしりと毛が生えた手の甲が人類が置き忘れて来た野生の香り。

 なにを立ち上がったかと思って内心身構えたが、甲にみっちりと毛がはえた手がつかんだのは細い管が先端についた怪しげな機械だった。握りの部分の尻から長い管がのびている。

 察するに、あれを耳穴へ突っ込んで中にたまったのを吸い出す機能をもっているのだろう。視線に気付いた医者は、大丈夫です。ちょっと吸い出すだけですから、痛かったら言ってくださいね、と言って、笑った。

 

 こわっ。

 

 おそらくそれが彼の癖なのだろう。笑うとくちびるがめくれて獅子舞のごとく歯茎までが現れ、しかもひげ面がうまい具合に威嚇効果をもって大変怖い顔だ。子どもが泣くわけだ。クマだ。しかも北海道辺りで「人間っていうのも結構くえるな」とかうそぶいてる感じのクマだ。もし私が子どもなら泣いていた。危ないところだった。いや、ほんとう、泣いてないから。

 わしっと頭を掴まれ、椅子のヘッド部分にぐいぐいと押しつけられる。ちょっと力が強すぎると抗議する余裕もなく、右耳に何かが突っ込まれた感触がするやいなや、大音響が響き渡った。予想通り掃除機を耳元で鳴らしたような音である。が、すぐ、ガリガリという音がそこに加わる。

 ほう、固いなぁ。固い! こりゃ固い! 固い固い! とヒグマは実に楽しそうだ。やわらかかったら楽しくないのかお前は。というか私は全然楽しくない。んふふぅ。こりゃ溶かすしかないねぇ。がりがりごりごりとごぉごぉと右耳の中で大音響がオー消すトレーションされて響き渡る。とにかくうるさい!

 と思ったらいきなり音が消えて、くるりと逆を向かされた瞬間、左耳に器具が突っ込まれる感触。ごぉごぉという轟音。そしてじゅるぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼという異音が

響いたと思うとすぐ途絶えた。ふふふ、取れた取れた取れましたよぉ♪

 ヒグマが助手の人がさっと差しだした銀色に光るお皿に何かをぽろっと載せる。

 

 なんと小指のつけねくらいまでの太さと長さを誇る塊だった。

 

 あの、これって右耳からじゃないんですよね……? と恐る恐る問うと、左耳にこれだけたまってたんだよ、と朗らかに答えてくれる。お願いだから笑うのやめてくれ、怖いから。という内心の願いもむなしく恐ろしい顔のまま、左耳は固くなっていて全く取れないから、溶かして貰うことになるね、とあいかわらずほがらかな声で教えてくれる。薬で耳垢がふくらむから、もっと聞こえなくなるから注意するようにね。車が右から来ても気付かないと思うよ! 交通事故はボクの管轄外だから! はははは。と朗らかな声で恐ろしい顔で恐ろしいことを言う。ヒグマだからなぁ。

 

 受け付けにて一週間後の予約を済ませ、近所の薬局でくだんの薬を出してもらう。

 目薬の瓶のような容器に入った透明な薬だ。これを毎日朝と夜の2回耳の右穴から4か5滴垂らして固まった耳垢を溶かすらしい。耳垢って脂だよなぁ、有機物溶かすんだから耳まで溶けたりしないんかな、間違って鼓膜が溶けたり……そこから脳内まで染みこんで溶かされて……いくらなんでもそれはなかろう。

 

 それにしても聞こえない。耳鼻科で直ると思っていたのに直らなかったからか、余計、聞こえないのが気になってしまう。こうしている間にも、固く固くなった年代物の耳垢が右耳を占拠しているのだ。

 

 年代物だけあって真っ黒だったらいやだなぁ。

 

 

 

 

まだまだ人生には未知なことがあふれている

  耳が聞こえないと不便だ。

 うん十年生きて来てそんな当たり前のことにようやく気付かされた。

 

 まず自転車に乗れない。

 車道を右側通行していれば、車が走っているのは右側。

 当然、音はよく聞こえない。そりゃ右耳が聞こえないんだから当たり前だ。

 自転車に乗れないと、ホームセンターに行けない。

 

 右がいつも塞がっているので、常に変な耳鳴りめいた音が聞こえる。

 右から話しかけられるとよく聞こえない。

 音楽がステレオで聞こえない。

 などなど。

 

 左を塞ぐと沈黙の世界を体験出来ていいとか言ってる場合じゃない。 

 

 自然の作用によってポロッと出てくれるのを待っていたのだが、そうそう都合良くはいかないらしい。

 インターネットで調べると、耳鼻科でとってもらうと、それまでの悩みが嘘のように、よく聞こえるようになるらしい。なるほど。

 

 というわけで、私は耳掃除機を買った(3000円くらいナリ)。

 なんか耳が耳垢でつまった程度で耳鼻科に行くなんていやだー。なんて理由で。

 吸引式のちょっとかわいい奴だ。

 数日で届き、さっそく使ってみたところ……耳垢がちょっとは取れた、というか吸引してくれたが、音は聞こえてこない。

 吸引力が弱いのか、と思い、うちにある掃除機のノズルの先端を耳の穴に押しつけてみたが、幸か不幸か私の耳の穴はそこまで巨大じゃなかった。人類なのであたりまえである。

 

 そんな状況で映画を見に行くわたしはバカである。

 片耳が聞こえる聞こえない以前につまんない映画だったのは、耳が聞こえたらもっと素晴らしかったのに、と悔しがらずに済ませてくれた神様の計らいだったか。

 

 わかったよ神様!  素直に耳鼻科に行くよ!

 

 というわけで、映画帰りにさっそく地元の耳鼻科に行ったのだが、なんと1時間待ちだという。そんなに待っている根性はないので、予約はできないかと訊けば、インターネットでやっているという。

 すごいよネット。こんな地元の医者までサイバーになっているとは。

 

 というわけでネットで予約したら、10秒とかからず予約終了。

 いよいよ産まれて始めて耳鼻科にいくことになったのだった。

 

 わくわくどきどきである。

 

  

透明な水の底で

 ことの起こりはクワイの栽培。

 今年で四年目になるが、どうやっても避けようのないものがある。

 発泡スチロールの大きな箱に土を入れクワイを植え水をいれると、必然的に発生するのは、藻と虫だ。

 最初はキレイだった水は一週間と経たぬうちにうっすらと緑色になり、水底も一面藻で緑色になる。こうしてたっぷりと食糧ができると、ボウフラが湧いて来る。この頃になると腐ったような生臭いようないやなにおいが漂い出す。

 こうして戦いが始まるのだ。

 

 クワイは最終的に食べるので強力な薬は使えない。そうなると対抗手段は限られる。

 ①ボウフラをコップや網ですくいとる。

 ②リング状にした銅線を水中に沈め、銅線から水に溶け出す銅イオンの力を使う。

 ③水をこまめにとりかえる。

 ④水に消石灰をぶちこむ。水をアルカリ性にして水中環境を住みにくくする。

 ⑤タイの少年の知恵を使う。

 ⑥メダカを放ちボウフラを食べさせる。

 ⑦ポンプ等を設置し、水を循環させる。

 ⑧水の底に小石をしきつめる。

 

 こうみると多種多様の先方がありよりどりみどりっぽいが、

 どの方法も大した効果はないか、効果はあるかもだが金がかかる。

 

 ①は確かに無害だが、手間が非常にかかるし、クワイが大きくなるにつれて水面は見にくくなり、急速に効率は低下していく。

 ②も確かに無害だが、ボウフラの発生はおさえられず成虫になるのを阻害する力しかないらしい。蚊の発生はおさえられるが、いやなニオイの発生はおさえられない。それに、着実に効果を発生させるにはかなり多くの銅が必要らしい。毎年投入量を増やしてはいるのだが、効果が発生していると断言出来るほどの戦果があがった形跡がない。

 ③だと水ごと藻と蚊は消えるが、毎日水を大量に捨てるのって水道代の観点から気が引ける。それにクワイが大きくなればなるほど、箱は重くなり水を捨てるのも大変である。しかも無理に動かして箱が壊れでもしたら大災難。

 ④は確かに無害だ。しかも消石灰はセンベイや駄菓子などの袋に同梱されているため集めるのもタダである。だが効果を実感出来たためしがない。

 ⑤はペットボトルを使ったボウフラ捕獲機だ。なんでもタイの14だか15の少年が発明したそうである。ボウフラの性質を利用したものなのだが……我が家の狭い環境ではでかすぎて使えない。

 ⑥は水生植物を栽培する多くの方々が推奨する方法である……が、ごめん、生きものが苦手なんだ。飼ったら確実に死なせてしまう自信しかない。

 ⑦は高い。

 ⑧水草は生えにくくなる。よってボウフラの食糧も少なくなる。だが、夏になったころには小石にも藻が生えてきて……いつもと同じになる。

 

 最初は③のみだったが、今や①~④+⑧の方法を組み合わせて戦っている。

 そして今年も戦いが始まった!

 

 クワイを植えて一週間も経つと、さっそくボウフラが姿を現した!

 特に、3つある比較的大きな箱の1つにうじゃうじゃ湧いている。

 銅線も入れておいたのに……去年の2倍増やしても効果がないらしい。そもそも、銅ではボウフラそのものは殺せないんだよな-。

 そこで今年はまず④の消石灰投入を行ってみた。別段深い考えがあったわけではない。単に冬のあいだに大量にたまった乾燥剤が目に止まっただけである。とはいっても深い考えで動くことなど全くないバカなのだが。

 最初は芽を出したばかりのクワイをさけて撒いた。水の底はシマウマのようになった。

 次の日、予想通り、ボウフラは元気に泳ぎ回っていた。 

 心の中でなにかが切れた(のかもしれない)。

 予想通りなのにどうしたことであろうか、3年間の苦い経験が蓄積させた遣り場のない怒りが爆発したのだろうか。人間ってこわい。

 

 次から次へと乾燥剤の袋を切ると、片っ端から中身を水中へぶちまけた。

 水底で顔をだしはじめたクワイの芽など気にせず、底が真っ白になるまでぶちまけた。植物は動物よりきっと強いだろうから大丈夫多分。もちろん根拠はない。でもほら、植物って動物より先に発生してるし、それだけ長く環境に適応してきたんだから、少々のやんちゃだって耐えてくれるだろう!

 

 まっしろになると、なんか楽しくなってきた。

 あはは、わはは、ほーらまっしろだ。はなさかじーさんみたいだ。

 ほーれほーれ、まっしろまっしろ。

 なにもかもまっしろになってしまえ。

 

 5つの箱の水底を全部まっしろにして我に返る。

 

 まずいんじゃね?

 やりすぎじゃね?

 しかもここまでやっても効果ないんじゃね?

 

 というわけで、ベランダから逃げるように立ち去ったのだった。

 

 次の日。

 

 クワイを育てている箱の中はまっしろだった。

 消石灰をまいたからだ。

 水の底で葉が出始めたクワイまでがまっしろになっている。

 底まで見えるのは、あれだけ大量にあった藻が消えているからだ。

 そして、

 なにか黒い大きな塊が水面に浮いている。

 ボウフラの大きさではない。

 ヤバイ予感がした。

 見るのもいやだったが目を近づけて見ると、

 なんとそれは大量のボウフラが一塊になって浮いているのだ。

 真っ黒な絨緞のようだった。

 あわてて小さなコップでそれを掬って捨てて、他にも浮いていないかと水面を覗き込むと、まっしろな水底が目に映る。

 

 いちめんのしろの中に無数にちらばる小さな黒い線状のもの。

 そのひとつひとつが死体なのだった。

 

 呆然とした。

 

 こんなにいやがったのか

 へへへ。殺った。あれだけ手強い敵を殺し尽くした!

 という喜びはまったくなかった。

 

 なぜか、とてもこわかった。

 

 あれから一週間。

 未だに水は澄み、ボウフラは全く湧いていない。

 かなりアルカリ性になった水の中でも、クワイは順調に育っている。

 すばらしいことなんだが、透明な水底に無数の黒い潜が散らばっている光景にも変化はなく、それを見る度に、いやな気分になる。

 

 アブラムシをいっぱい殺したあとでも、あんな気分にはならなかった。

 死体がそこにあるからだろう。 

 そして水が澄んでいる限り、それを見ないで済ますことはできないのだった。

 

広告を非表示にする

なにか聞こえますか? いえなにも聞こえないのが普通です。

 朝起きたら耳が聞こえなくなっていた。

 妙に音が遠い、うすい布の膜が幾枚も耳の奥にある感じ。

 しかも右耳だけ。

 おかしいな。左耳に指を突っ込んでふさいでみると、なにも聞こえなくなる。

 右耳の奥に、なにかの塊が居座っている感じ。

 なんか重い。

 これは本格的に詰んだ。

 実はここ一週間ばかり、どうも右耳の聞こえが悪く、特に風呂のあとなどは。

 そのたびに、耳たぶをひっぱったり、くしゃみをしたり、右耳を下にして片脚で飛んでみたり、とその場しのぎの対策でなんとかなっていたのだ。すぽん、と空気が抜けた感触がして、やれやれと。

 が、今回はどれをやってもいっこうに耳を空気が抜けた感じがしない。

 

 彼女が耳掃除をしてくれると言う。うほ。

 オレ、リア充

 

 などという存在はいないので、仕方なく自分で耳掃除をしてみんとす。

 まず綿棒でこちょこちょ、先端がなにかに触れたが、もっと奥に押し込んでしまうというよくある展開。

 そこで、最近発掘したちゃんとした耳かきでこしょこしょしてみたら、なにやら巨大なものの一部らしきものを掻き取っりましたが、肝心の本体は更に奥へ。

 

 ふぅ……まぁ、やれるだけのことはやったよね。

 

 というわけで自然に身を任せることにした。

 昔、上野公園を歩いていたら、突然大きな塊が耳から転がり出てきたのを思い出す。

 あれはいつのことだったか。どれくらいの大きさだったか。測っておけばよかった。

 今回もあれの再現を期待。出て来たら測ろうと決心。

 

 右耳がほぼ聞こえないとなると、自転車に乗るのは危険なので、ますます運動しないことが正当化されるのだった。よくない。よくないが仕方がない。

 

 不便と言うほどの不便がないのが不幸中の幸い。

 一応音は聞こえる。ただずぅーっと右耳の奥が重いのだけがわずらわしい。

 忘れようと思えば思うほど、余計気になるのは理の当然。ああ、煩わしい。

 わざわざ感じで「煩わしい」と書いてしまうほど煩わしい。

 

 いっそ。左耳も塞いでしまおうか。

 脱脂綿をまるめて左耳に突っ込むと、静寂。

 

 どこかから遠い海の波の音が聞こえてくる。

 

 よせては返す波打ち際では、船が難破していたりするのだろう。

 半分海に浸かった死んだ町の尖塔は傾いて、

 何も知らぬ海鳥がその上空を舞っている。

 

 陳腐。

 

 とおいとおいどこかで誰かがくしょみをした気がした。