読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸谷秀人のブログ

エロゲシナリオライター丸谷秀人の棲息地。お仕事募集中

まだまだ人生には未知なことがあふれている

  耳が聞こえないと不便だ。

 うん十年生きて来てそんな当たり前のことにようやく気付かされた。

 

 まず自転車に乗れない。

 車道を右側通行していれば、車が走っているのは右側。

 当然、音はよく聞こえない。そりゃ右耳が聞こえないんだから当たり前だ。

 自転車に乗れないと、ホームセンターに行けない。

 

 右がいつも塞がっているので、常に変な耳鳴りめいた音が聞こえる。

 右から話しかけられるとよく聞こえない。

 音楽がステレオで聞こえない。

 などなど。

 

 左を塞ぐと沈黙の世界を体験出来ていいとか言ってる場合じゃない。 

 

 自然の作用によってポロッと出てくれるのを待っていたのだが、そうそう都合良くはいかないらしい。

 インターネットで調べると、耳鼻科でとってもらうと、それまでの悩みが嘘のように、よく聞こえるようになるらしい。なるほど。

 

 というわけで、私は耳掃除機を買った(3000円くらいナリ)。

 なんか耳が耳垢でつまった程度で耳鼻科に行くなんていやだー。なんて理由で。

 吸引式のちょっとかわいい奴だ。

 数日で届き、さっそく使ってみたところ……耳垢がちょっとは取れた、というか吸引してくれたが、音は聞こえてこない。

 吸引力が弱いのか、と思い、うちにある掃除機のノズルの先端を耳の穴に押しつけてみたが、幸か不幸か私の耳の穴はそこまで巨大じゃなかった。人類なのであたりまえである。

 

 そんな状況で映画を見に行くわたしはバカである。

 片耳が聞こえる聞こえない以前につまんない映画だったのは、耳が聞こえたらもっと素晴らしかったのに、と悔しがらずに済ませてくれた神様の計らいだったか。

 

 わかったよ神様!  素直に耳鼻科に行くよ!

 

 というわけで、映画帰りにさっそく地元の耳鼻科に行ったのだが、なんと1時間待ちだという。そんなに待っている根性はないので、予約はできないかと訊けば、インターネットでやっているという。

 すごいよネット。こんな地元の医者までサイバーになっているとは。

 

 というわけでネットで予約したら、10秒とかからず予約終了。

 いよいよ産まれて始めて耳鼻科にいくことになったのだった。

 

 わくわくどきどきである。