読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丸谷秀人のブログ

エロゲシナリオライター丸谷秀人の棲息地。お仕事募集中

なにか聞こえますか? いえなにも聞こえないのが普通です。

 朝起きたら耳が聞こえなくなっていた。

 妙に音が遠い、うすい布の膜が幾枚も耳の奥にある感じ。

 しかも右耳だけ。

 おかしいな。左耳に指を突っ込んでふさいでみると、なにも聞こえなくなる。

 右耳の奥に、なにかの塊が居座っている感じ。

 なんか重い。

 これは本格的に詰んだ。

 実はここ一週間ばかり、どうも右耳の聞こえが悪く、特に風呂のあとなどは。

 そのたびに、耳たぶをひっぱったり、くしゃみをしたり、右耳を下にして片脚で飛んでみたり、とその場しのぎの対策でなんとかなっていたのだ。すぽん、と空気が抜けた感触がして、やれやれと。

 が、今回はどれをやってもいっこうに耳を空気が抜けた感じがしない。

 

 彼女が耳掃除をしてくれると言う。うほ。

 オレ、リア充

 

 などという存在はいないので、仕方なく自分で耳掃除をしてみんとす。

 まず綿棒でこちょこちょ、先端がなにかに触れたが、もっと奥に押し込んでしまうというよくある展開。

 そこで、最近発掘したちゃんとした耳かきでこしょこしょしてみたら、なにやら巨大なものの一部らしきものを掻き取っりましたが、肝心の本体は更に奥へ。

 

 ふぅ……まぁ、やれるだけのことはやったよね。

 

 というわけで自然に身を任せることにした。

 昔、上野公園を歩いていたら、突然大きな塊が耳から転がり出てきたのを思い出す。

 あれはいつのことだったか。どれくらいの大きさだったか。測っておけばよかった。

 今回もあれの再現を期待。出て来たら測ろうと決心。

 

 右耳がほぼ聞こえないとなると、自転車に乗るのは危険なので、ますます運動しないことが正当化されるのだった。よくない。よくないが仕方がない。

 

 不便と言うほどの不便がないのが不幸中の幸い。

 一応音は聞こえる。ただずぅーっと右耳の奥が重いのだけがわずらわしい。

 忘れようと思えば思うほど、余計気になるのは理の当然。ああ、煩わしい。

 わざわざ感じで「煩わしい」と書いてしまうほど煩わしい。

 

 いっそ。左耳も塞いでしまおうか。

 脱脂綿をまるめて左耳に突っ込むと、静寂。

 

 どこかから遠い海の波の音が聞こえてくる。

 

 よせては返す波打ち際では、船が難破していたりするのだろう。

 半分海に浸かった死んだ町の尖塔は傾いて、

 何も知らぬ海鳥がその上空を舞っている。

 

 陳腐。

 

 とおいとおいどこかで誰かがくしょみをした気がした。